outside 自宅外での出来事

2013/04/26

Ani-Zoo with caknobs (生ベース+機材セッションの巻)

さてさて、先月(2013年3月)の話になりますが足立区は梅島にてAIR BOURYOKU CLUBというラップユニットと遊ばせて貰ったエントリーを書き残しました。コレですね ↓

AIR BOURYOKU CLUB with caknobs (Performance at Umejima Adachi Ward)
http://caknobs.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/air-bouryoku-cl.html

普段の自宅での機材いじりの際はどうしても一人でのパフォーマンスになってしまう事が多いのですが、そうやって他人様と一緒に音を出すのはやはり普段とは違った刺激があって楽しいと再認識していました。
そんな折、別のあるアーティストさんから声をかけていただき、3月末に一緒にセッションできる機会に恵まれました。今回のエントリーはその楽しかった時間を文字に残しておこうと考えてのエントリーです。

それではまずそのアーティストさんのご紹介から。
名前は『兄蔵 / Ani-Zoo(アニゾー)』さん。バンドスタイルではなく、ベース1本のソロプレイで自身の世界観を創られている方です。エレキベースというと基本的に4弦のものが思い浮かびますが、アニゾーさんはベースパート、コード的なパート、メロディー的なパート、パーカッション的なパートなどを全て1人でまかなうような奏法をされるため4弦だけでなく、6弦ベースや7弦ベースでもプレイをされるとんでもないテクニシャンです。
また、アニゾーさんはストリートでもパフォーマンスされています。もしかしたらあなたも新宿駅南口周辺(彼のストリート定期プレイ場所)でアニゾーさんを目にした事があるかもしれません。参考までにyoutubeに上がっているアニゾーさんのストリートプレイの様子です。

Anizo Street Live Show @Shinjuku Station South-East EXIT
http://www.youtube.com/watch?v=o3RhDrHM3TA
※ライン録りのクリアな音声の演奏やPV風にきちんと編集された動画もyoutubeにはあるのですが、あえてストリートの喧騒が混じって聴こえて来る動画にリンクを貼りました

こんな方です。1つの楽器でここまで自分の感情を表現できるのは本当に羨ましいかぎりです。
ではこの方とどんないきさつでセッションする事になったかという部分から話を始めましょう。以下リンク先に続く!
 

続きを読む "Ani-Zoo with caknobs (生ベース+機材セッションの巻)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/12/04

[Clip] 大学のキャンパスで体験した2つのイベント

2011年初冬、大学のキャンパスで行われたイベント2ヶ所に立て続て遊びに行ってきました。

ひとつは11月20日に成蹊大学吉祥寺キャンパスで行われた学園祭内でのイベント。
もうひとつは12月3日に東京工業大学大岡山キャンパスで行われたMake:Tokyo Meeting07(以下MTM07)という催しです。

2つに関連性はありませんが、大学のキャンパス内で体験した事として一つのエントリーにまとめてしまおうと考えました。
 
 
 
ではまずは成蹊大学吉祥寺キャンパスでの体験から。
ここで見てきたのは『Projection mapping』というものです。
建築物の外壁をスクリーンにして、プロジェクターで建築物の外壁に向かってCG映像を投射する表現を見たことありませんか?ここ2~3年、世界各地で行われておりちょっとしたブームなのかもしれません。
例えばProjection mappingにはこんなのがあります。

http://www.youtube.com/watch?v=O0XKmU5hF5s

自分は今までコレをテレビやPCのモニターを通してしか見たことがなかったのですが、吉祥寺で見られるという情報を持っていた友人が誘ってくれて実際に体験する事ができました。

Seikei_01

急に撮影を思い立ったため三脚なしの撮影でブレはありますが、1924年建築の成蹊大学本館校舎の壁面が見事にスクリーンになっている様は伝わるかと思います。上の画像にある文字も、後からテキストを書き足したものではなく、校舎の壁に投影された映像なんです。では実際に動いているものをどうぞ。

■成蹊大学 3D PROJECTION MAPPING

やはり自分はダンスミュージックが好きなので、大きな音を感じながらビートにがっちりシンクして動くCGはとても気持ちの良いものでした。

Seikei_02
 
 
 
 
 
続いてもうひとつは東京工業大学で行われたMTM07というイベントです。(公式サイトhttp://jp.makezine.com/blog/2011/12/mtm07.html

Mtm07_1

これは手作りでおもちゃ(=遊び)を作り出そうといった趣旨のイベントで、電子工作好きの方々も自作のマシンを展示して多くの人に触れてもらおうと大岡山に集まってきていました。

サイトの表現を引用すると・・・・・

Make: Tokyo Meetingは、エレクトロニクス、アート、DIY、クラフト、サイエンスなど、ジャンルを超えて自由な発想でテクノロジーを使いこなす「Maker」が多数出展し、展示、ワークショップ、ライブパフォーマンス、プレゼンテーションなどを通じて、モノを作ることの楽しさ、そして自らの作品に関する情報をシェアするためのイベントです。

こんなコンセプトに基づいた大きなイベントでした。
では何枚か当日のキャンパス内の様子です。
 
 
Mtm07_3

Mtm07_4

Mtm07_2

Mtm07_5

Mtm07_6

そんなイベントの一環として、音楽パフォーマーの出演するステージも組み込まれていました。今回自分がこのMTM07を訪れた目的のひとつがそのステージへの出演グループ『Cartier Santos Sweet Lady Band』のパフォーマンスを見るためでした。
MTM05での同様のステージでCartier Santos Sweet Lady Bandさんがパフォーマンスしている動画を見たことがあり、是非いつかはそのパフォーマンスを生で体験したいと考えていたのです。
Cartier Santos Sweet Lady Bandさんのパフォーマンスはいわゆる楽器演奏とは異なったものです。蛍光灯をステージにセットし、その蛍光灯から発せられるノイズによってダンスミュージック(のようなもの)を作ってしまうというものです。下に貼った動画を見ていただければどんなことをやっているのかは伝わると思うのですが、自分が感動するのはこのパフォーマンスが『ドラムマシンなどの音声発音をトリガーにして蛍光灯を点滅させている』のではなく『蛍光灯を点滅させて発生するノイズを拾ってリズムとして利用している』点なんです。蛍光灯が発光する際の「バチバチッビリリ」という音はシンセサイザーではなかなか再現できない攻撃的なビリビリでした。

ではCartier Santos Sweet Lady Bandさんのパフォーマンスをご覧ください。フルスクリーン再生でなるべく音量を上げ、周囲が暗い環境で見ていただいた方が蛍光灯のバチバチがよく伝わると思います。

■MTM07 Cartier Santos Sweet Lady Band Live

まあ、ピントが合わないことこのうえないです(笑)
クリップにまとめた際の書き出し圧縮もあり、つきささるようなバチバチ感が弱まってしまっているのが残念です。普段は更に首輪のように丸型蛍光灯をかぶってパフォーマンスされているようなのですが機材トラブルのため首輪蛍光灯は無しでやってらっしゃったそうです。
それにしてもなんともイカしたステージングですね。2'30"あたりからのデジタルブロックノイズがいつもより多いのは彼らの電磁波演奏のせいなのではと思わされてしまうナイスパフォーマンスでした。

Mtm07_7
 
 
以上、この冬に大学のキャンパスで体験した2つの出来事の紹介でした。

最後に、完全に蛇足となりますが東京工業大学のある大岡山でこんな魅力的でオリジナルな看板を見つけましたのでアップしておきます。
 
 
Mtm07_8
 
 
Q』の文字のカッティングにややガタつきがある部分に異常な魅力を感じました。素敵だ。 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/28

[Clip] 青空テクノ 関連動画

さて今回のエントリーは久しぶりに行った『青空テクノ』についてです。青空テクノの関連動画クリップのURLなどをまとめています。

2011年11月に近所にある大きめの公園で青空テクノを行ってきました。
実は今回、『BUG』というWEBマガジンサイト様に声をかけていただき、青空テクノの様子の取材を受けたのです。

BUGMAGA
http://bugmaga.com/

BUGMAGAサイト内にある説明文をそのまま引用してサイト様のポリシーの説明をすると・・・

バグのある男と女のためのツール雑誌。BUG(バグ)。BUGマガジンは、バグのあるかっこいい生活を追求するツール雑誌です。
東京にたくさん生息しているに違いない、バグのある素敵な人たちを追い求めて、取材したり、一緒に遊んだりします。様々なツールをつかって。

とのこと。
ツールやガジェットやハードウェアを使って面白いことをしている人たちと出会おうというコンセプトに基づいて運営されているようでした。どうやらそんなBUGMAGA編集者様の『バグセンサー』に俺の青空テクノが引っかかったようなのです(笑)
そりゃ光栄じゃないですかと、喜んでお話を受けました。

そして晩秋の快晴のもと、近所の公園にて編集者様が見守る中、青空テクノをかましてきました。公園内の緑は紅葉が進み、天候も良かったため周囲には子供連れのファミリーも多く青空テクノにはもってこいの環境でした。

Asukayama_05

Asukayama_06

Asukayama_07

そんな環境で行ってきた青空テクノの様子がBUGMAGA様の手にかかり、カッコ良く編集されています。
普段は自分が機材いじりの動画を撮る際にはもちろんカメラセッティングも自分でしますので出来上がる画(え)はあくまで自分視点のものですが、自分の意を介さない視点から撮っていただいた画像はとても新鮮で、まるで機材をいじっているのが自分ではないかのような感覚を受けました。

それでは青空テクノとはどんなものなのか、是非ご確認ください。
BUGMAGAサイトで取り上げていただいたcaknobsの『Techno in da park』です!

BUGMAGA Presents Techno in da park
・パフォーマンスの様子のエントリー
『土・日連続企画!青空テクノで遊ぼう!その1(動画あり)』
http://bugmaga.com/archives/751
※このリンク先の記事の中にセッティングの様子とパフォーマンス動画2本が収められています。
・BUG編集者様から受けたインタビュー記事
http://bugmaga.com/archives/787

せっかくなのでセッティングの様子を収めた動画を直で貼っておきますね。その他の動画はBUGMAGAさんのサイトにてお楽しみください。

なお、BUGMAGA様の記事の中にあるPART2の動画については、同一のパフォーマンスを自前のビデオカメラでも撮影していました。その映像のほうは自分のyoutubeチャンネルにもにアップしました。俺カメラ視点での青空テクノの様子はこちらになります。

・caknobsチャンネル内 青空テクノAUTUMN ‪(The other side of Techno in da park )

いかがでしょう。青空テクノのニュアンスがなんとなく伝わったでしょうか?
まったく同じ機材を使った演奏でも室内(密閉された空間)でやるのと、こういった外気を感じる環境でやるのでは明らかに出てくる音が変わって来るのはとても興味深いところです。日光を浴びながらドラムマシンをいじっていると普段よりもアクティブな精神状態になるからでしょうか。今回の場合で言えば周囲ではしゃぎまわっている子供達の声や、遠くに走る京浜東北線の走行ノイズといった外的な要素もパフォーマンスに影響を及ぼしていると思います。こういった感覚は青空テクノには欠かせない味だと思います。

今回、WEB経由でたまたま自分の存在を知ったBUGMAGA さんがコンタクトしてきてくれたためこのようなやりとりができました。こうして似た嗜好を持った方と繋がりがもてた事を非常に嬉しく思っています。

なお、BUGMAGAさんが俺にコンタクトしようかと思ったきっかけになったのは、以前別の場所で行った青空テクノの動画を偶然目にしたからだそうです。
そのきっかけとなった青空テクノは別エントリーにまとめてありますので興味をお持ちになった方はそちらもご確認ください。今回の青空テクノとはまた違った味が出ているのではと思います。

2011年1月の青空テクノのエントリー
http://caknobs.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/set-outdoor-tec.html

今回のこのエントリーを書くにあたって、青空テクノのセッティング(使用機材)についても細かく書き出していたのですが、ちょっと偏執が強く出すぎてしまって機材に興味の無い方はとてもじゃないが読んでいられないものになってしまいました。

そこでセッティングや構成機材については別のエントリーに分ける事にしました。
俺の主観のみで構成された作りになってる内容で、かなりマニアックな話が続いています。機材とかPAとかそういうのが好きな人以外にはどうでもいい話です。そういう癖(へき)を持っている方だけにオススメするエントリーとなっております(笑)

興味のある方は以下のURLよりお進みください。

http://caknobs.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/machines-4920.html

BUGMAGA様にはこのような機会を作ってくださった事に重ねて御礼申し上げます。
ありがとうございました!感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/28

[Live] Only hardware live at Shibuya.

このエントリーは2011年5月に渋谷で行ったライブの際のセッティング説明です。
今回のエントリーはかなり自分の趣味嗜好に走った物言いをしていますので情報の取捨選択は上手に行ってくださいね。(笑)
クリップのURLはこちらになります。

http://www.youtube.com/watch?v=LkbLL_8gTig

この日はシカゴハウスアシッドテクノのベーシックなイメージのセッティングを組みました。
ハードウェアから出てくる音を直接大音量で聴いて皆で楽しみたいという狙いがあったためです。
乱暴に言ってしまえば今回のセットは80年代~90年代にシカゴやデトロイトで発生したと言われるものを再現したようなものです。

信号の流れはこうしました。ライブセッティングシート ↓

201105_liveset_01

使用機材はこれらです。

【使用機材・Machines】
Roland : TR-707(ドラムマシン)、TR-606(ドラムマシン)
RolandDG : CMU-810(アナログシンセ)
WillSystems : MAB-303(アナログシンセ)
FUTURERETRO : REVOLUTION(アナログシンセ)
KORG : KMS-30(シンクロナイザー MIDI OUT×2 DIN OUT×2)
TechnoSaurus : Cyclodon(アナログシーケンサー)
Boss : RPD-10(パンニングディレイ)、BX-60(6ch Mixer AUX SND×1)
ALESIS : Nanoverb(マルチリバーブ)

最終的な音声アウトをきちんとフォン6.3mmのL-R 2chアウトにまとめているところが現場のPAにやさしい仕様だと思いませんか?(←自己満足です笑)
でもイコールそれは自分が現場で用意しなければいけない機材が増えるという事でもあり大変なジレンマになります。「コレ持ってくのめんどくせーなー」というね(笑)。
でも今回はそういっためんどくささ以上に「一度もデジタライズされていない機材からの出音を直(チョク)で聴く!」という欲求が勝ったのでなかなかに無理をして現場まで機材を運びました。徒歩で。
機材、アダプター、ケーブル類、変換プラグ、テーブルタップ、アダプタートラブル時対応のための変え電池、機材スタンドなど、総重量は20kgを超えてました。

youtubeにアップしたこの動画クリップへはアメリカの方から、

「ヘイ!このライブセットは駄目だな。だってdrumtraksが入ってないじゃないか!俺はあのマシンが大好きなんだぜ。」(意訳)

といったコメントを頂きましたがそれに対してきちんと、

「俺は一人で機材運んだんだよ。な、言ってること分かるだろ?drumtraksは重過ぎるんだ。メーン!」(意訳)

と返答しておきました。drumtraksは8.3kgあります。2Lペットボトル4本以上分の重さを更に上記の機材達にプラスして現場に持っていくのにはかなり思い切った英断が必要です(笑)

※drumtraksとは1983年発売のSequential Circuits Inc社のドラムマシンです。以前のエントリーでも触れていますので興味のある方は合わせてどうぞ。
http://caknobs.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/set-drumtraks-8.html

これらの機材を持っていって最終的な現場レイアウトはこうなりました。

Honban_setting

真ん中に立って左右に手を伸ばして全ての機材のつまみがいじれるレイアウトになっています。
意図的にREVOLUTIONを右側に、MAB-303を左側に置いていますが(分かり辛いのですがTR-606の下にMAB-303を置いています)これは左右それぞれの手で同時に、かつ個別につまみひねりをするための配置です。

では接続の意図の説明をしていきますね。

マスターになっているのはアナログシンセのFUTURERETRO REVOLUTIONです。
REVOLUTIONはRolandのTB-303のようなベースラインを作れるシーケンサーを内蔵していますのでいわゆるアシッドベースラインを作る際にはとても重宝します。また、もともとがクリップのように現場の環境でリアルタイムにいじることを想定して設計されていますのでほとんどの操作をシーケンスを走らせたまま行うことが可能です。(動画クリップの途中でシーケンスパターンを変えたりテンポを遅くしたり早くしたりしていますが音を鳴らしたままそういった変更ができるのはこのマシンの魅力の一つだと思います)

そして今回初めて現場でチャレンジしたのがMAB-303によるユニゾンのダブルベース演奏でした。

Mab303

MAB-303というのもTB-303のような音の出るアナログシンセです。ただしこのマシンにはシーケンサーが付いていないのでMIDIによって外部からコントロールしてあげないと音が出ません。ですのでパターンコントロールはREVOLUTIONで行ったわけです。
このようにREVOとMAB-303で同一のシーケンスパターンのベースラインを2つ用意したのには意図がありました。今回のようないわゆるアシッドテクノをフロアで再現した際によくあることなのですが、レゾナンスを上げてフィルターを開ききると低い帯域の音が聴こえなくなってしまい、グイグイ盛り上げていたノリがすっと引いてしまうことがあります。特に今回はメインのキックを鳴らしているのがTR-707だったため、TR-808やTR-909と比較するとロー帯域に厚みがありません。そのためこのセッティングではREVOか303のどちらかのベースを音圧がグイグイくるポイントにフィルターを閉じたまま置いておき、もう一方でフィルター開閉での展開作りをしています。個人的にこのダブルベースセッティングはとても気持ちよく楽しめました。(例えばクリップの4'40"~はREVOのベースはレゾナンスを上げずにフィルターを10%程度開いた低い音で固定しておき、MAB-303のほうのフィルターを開いて展開を作っています。)

REVOLUTIONがシステムのマスターになっていると書きましたが、REVOが持つDIN SYNC OUT端子からの信号はシンクロナイザーのKORG KMS-30に入れています。

今回はKMS-30によってCyclodon(アナログシーケンサー)のクロック数(≒BPM)だけを倍速で走らせています。そしてその倍速で走るCyclodonがCV/GATE信号によってCMU-810というアナログシンセを制御しています。
REVOLUTIONにもCV/GATE OUT端子が付いているのですが、そこからのコントロールではなく、別のシーケンスパターンでCMU-810を鳴らすためCyclodonを用意しました。

Cyclodon

ドラムマシンのTR-707とTR-606には予め20パターン位づついろいろなパターンを打ち込んでおきます。例えば4つ打ちキックだけのパターンだとか、フィルインのパターンだとか、3連打ち・16分打ち・32分打ちロールといったものを仕込んでおくんです。で、その場の雰囲気やノリ、勢いに合わせてパターンをセレクトしていくワケです。フロアのみんなの盛り上がりを感じながらそれに合わせて柔軟に展開を作っていけるのもこういうハードウェアセットの利点ではないでしょうか?

このようにアナログシンセ3台とドラムマシン2台のセッティングだったのですが、これらの音を自分の手元で操作できるように小型の卓上ミキサーBoss BX-60に送っています。このミキサーにはエフェクトセンドが1系統あります。そこでそのSENDにはBossのパンニングディレイRPD-10とALESISのマルチリバーブNanoverbを直列で挟みました。

Nanoverb

空間エフェクトにALESISのNanoverbをかましていますが実はこれがとても威力を発揮しています。特にMAB-303の音声には厚めにNanoverbをかます事が多かったです。クリップで言うと例えば2'00"あたりからのドラム隊が抜けた後に聴けるアシッドベースのフィルター開閉はMAB-303に減衰の長めの広いルームアンビエントをつけたベース音です。この空間っぽさがあるたけでアナログシンセの音が現代的なエレクトロに聴こえるようになります。Bossのハーフラックシリーズよりも更に小さなボディは持ち運びにも便利です。

自宅では今回のような大音量で出音をモニターできませんのでこうやって風圧を感じるくらいに音量を上げて機材からの出音を楽しめるのは本当に幸せな事です。
今後も自宅以外でこういうセットを組む際には「機材運搬による疲労」「音を出す気持ちよさ」を天秤にかけて使用機材をセレクトしていくことと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/09

[SET ]青空テクノ Outdoor techno to me.

youtubeにアップした動画『青空テクノ』のセッティング説明です。

今回のセッティングでのクリップはコレです。↓

http://www.youtube.com/watch?v=jjxriy_at5U

電池で動く機材だけを集めて近所の公園に出かけてセッティングを作りました。

持っていった機材はこんな感じ。

【使用機材 machines】
REXER DRS-10
Roland TR-626
Roland SH-101

信号の流れはこんな感じです。

Aozoratechno2

今回こんなセッティングを組もうとしたきっかけは電池で動くサンプラーが入手できたためです。それがコレですね。REXERのDRS-10です。

Drs10_3

例えばですが・・・・

屋形船を借り切ってこのシステムを持ち込むとか・・・・

生きていくのも困難な秘境に入り込んでからこのシステムを再構築するとか・・・・

そんな場合を想定して作ったシステムです。

・・・・・が、すぐ隣では子供たちが遊びに夢中でした。

Outdoor_setting

大げさに書きましたが、実は今回のセッティングはとてもシンプルな構成でテクノの基本とも言えるような機材でのセッションでした。

こういうセッティングが役に立つタイミングがきっとあるハズですって。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)