« Ani-Zoo with caknobs (生ベース+機材セッションの巻) | トップページ

2013/05/09

機材を入手したオハナシ TAMA TECHSTAR TAM500

今回まとめたいのはドラムで有名なTAMA社が1985年に発売したTECHSTAR TAM500というアナログエレクトリックドラムを入手したオハナシです。日本で最も有名なアナログエレドラと言えばSimmons社のSDSというシリーズです(CCBが使ってヒットソングを飛ばした事から認知度が高まったのも理由のひとつ)。もちろんSDSシリーズも欲しいものの1つですが、使い勝手の良いアナログエレドラ音源を入手できてホクホクという状態なのです。

エレドラの音色ってどんなのか良く分からないやというあなたにはこんなURLをプレゼンツ。youtubeにあったSimmons SDS5のデモ演奏です。

http://www.youtube.com/watch?v=QwKX26LGnsk

はい、こんなトゥントゥンした音色です。
1970年代後半から1980年代中ごろまで、こんなふうに音源部分がアナログ音源(アナログシンセサイザー)になっている電子ドラムが販売されている時期がありました。このTAM500というのもそんな時代に生まれたものです。
なお、現在でも様々なメーカーからエレドラと呼ばれるものは販売されていますが、現行のエレドラの音源はPCM音源のものがほとんどです。ですのでリアルさ(生ドラムっぽさ)を求めたり、メモリされている何十、何百というドラムキット音色をいろいろ使いたいという方には非常に便利なものだと思いますが、PCM故に音色自体をリアルタイムに可変させていくという事は非常に苦手なものなのです。もし、今回のエントリーでアナログエレドラに興味を持って自分も所有したいと考えた方はその辺り、ご注意ください。『電源を必要とする電子的なドラム』というくくりではどちらも確かに"エレドラ"ですが、前者と後者では仕組みも出てくる音も出来る事も異なっている全くの別物です。

それでは始めましょう。まずは簡単にTAM500のスペックからご紹介。

 

■TAMA TECHSTAR TAM500 specification / 仕様

5オシレーター (ベースドラム、スネア、タム1、タム2、タム3)
5トリガーイン
5パラ(音声)アウト
6パラメーター (アタック、ディケイ、ノイズ、ベンド、チューン、トーン/ノイズバランス)
1ミックスラインアウト
1ヘッドホンアウト

5 oscillator (Bass,snare,TOM1,TOM2,TOM3)
5 TRIG in
5 parallel (each) out
6 parameter (Attack,Decay,Noise,Bend,Tune,Tone/Noise)
1mix out
1phones out

Tam500_front1

と、まあこんなスペックのマシンです。
以前からアナログ音源のエレドラが欲しいと思っていた自分には衝撃的な出会いでした。もちろんスゲー興奮しましたよ。

ではコイツが我が家にやってきたいきさつをいつものようにまとめて行きましょう。長々と(笑)

 
2013年のゴールデンウィーク初日。
この日は休日で時間もたっぷり取れるということで、GWの始まる1週間ほど前からハードオフ巡礼計画を練っていました。
どの辺りの店舗を攻めようかと悩んだあげく、この日は埼玉県の大宮駅を中心に半径10km以内程度で回れるハードオフにしようと考えました。

参考:Google Mapによる大宮を中心としたハードオフの位置

大きな地図で見る

この日の訪問プランはこんな感じ。まずはチョイスした中では自宅から一番遠く(30km以上離れてる)にある北上尾(きたあげお)店を目指し、そこから徐々に南下しつつ帰宅するというものでした。狙いを付けたのはこんなルート。

北上尾店 → 上尾本町店 → さいたま上小町店 → さいたま浦和南店 → 戸田駅西口店

以上の5店舗を電車移動+徒歩で巡ってみようと計画していました。
計画実行当日。午前中のうちに行動を開始し、正午時前に北上尾駅に到着。

Kitaageo

そこから歩いて10分程度の距離に北上尾店はあります。ここは1年半ぶり位の訪問でしょうか。以前この店舗でCASIOのMT-68というカシオトーンを入手した経緯があるため、久しぶりの店内チェックにとても気分が高揚している状態でした。

Tam500_hardoff01

Tam500_hardoff02

入店してみるとほらやっぱり。店内には音関連の機材(楽器含む)が沢山ひしめいていました。素晴らしき夢の国です。参考までにこの日この店舗で目にした魅惑のマシンたちのいくつかをご紹介すると・・・・


●京王技研(現KORG)のドンカマ、SM-20 Stage-man

発売は1973年。
操作面上の『DONCA MATIC』の文字にニヤリとさせられますね。

Hardoff_doncama1

ちなみに、以前にも1度触れた事がありますが、このドンカマという名称の由来はドラムサウンドの「ドンッカッドンッカッ」というリズムをオートマチックで流してくれるから『ドンカ・マチック』と名付けられたのだそうです。通常ドンカマと呼ぶので『ドンカマ・チック』なのかと思いがちですがそうではないんです。

Hardoff_doncama2

でもこんなにデカいんです(笑)。こりゃー気軽にはもって帰れない。
なお以前紹介した事のある京王技研のMiniPops-7というリズムボックスはコイツのお兄さんにあたります(MiniPops-7の発売は1966年)。


●YAMAHA EM130

こちらも1973年発売のYAMAHAのリズムボックス付きミキサー。

Hardoff_em130_3

スプリングユニットが内蔵されていて、外付けのエフェクターがなくてもスプリングエコーがかけられるというものです。

Hardoff_em130_2

削り出しのデカつまみがなんとも魅力的です。


TEISCO MX-854

無骨なルックスがなんともかっこいい、今は無きテスコ社製のミキサーです。発売は1983年か1984年だと思われます。

Hardoff_mx854_1

8ch+エフェクトリターン用にもう4chフェーダーが付いています。なかなか使い勝手がよさそうです。

Teisco_mx854


●CASIOTONE & PORTASOUND

なんでこんなに出てくるんだと驚いたのが小さなキーボード群でした。下の画像では面白そうなものを選んで4つ収めていますが、これ以外にもカシオやヤマハのキーボードがごろごろしてました。

Hardoff_casiovsyamaha

上からヤマハPortasound pc-50、カシオMT-240、カシオMT-220、カシオMT-30です。


これら以外にもシンセサイザーやアンプやMIDI機器など、興味を惹かれるギアがめじろ押し。BossのDR-220AやCASIOのCZ-3000、KORGのSAS-20なんかもあり、「こりゃたまらない」とエキサイトしながら店内を巡回していたところ、ズバッと目に飛び込んできたのが今回のエントリーの主役『TECHSTAR TAM500』だったのです。

音源部分はアナログ方式で、トリガー信号によって発音タイミングをコントロールできるマシンです。俺もう大興奮。目にした瞬間、心拍数の上がるのがはっきりと認識できましたもん。それほど稀有な出会いだったというワケです。28年前に発売された機材がどういう経緯をたどってか埼玉県は上尾のハードオフに置かれ、なんとない思いつきで偶然その日に北上尾店を訪問をした事で対面できたこの奇跡。
こういうのを『運命の出会い』と言うのです!

Hardoff_tam500_1

※こんな状態で置かれていました ↑

実はかねてからアナログエレドラ音源ユニットが欲しかった俺は、以前別のハードオフでジャンク扱いのPEARLのDRX-1というマシンを購入した事がありました。しかしワクワクして家に持ってきて確認したところ、通電はするが音が出ないというコンディションの個体でした(多分トリガー信号を受けなくなってしまっている)。ええ、今でも家にありますよ、DRX-1。こういうのが直せる電子工作知識が自分にあったらいいのにと悔しく思います。ちなみにこれがその音源ユニット。寂しげですねぇ・・・。

Drx1_1

Drx1_2

この日出会ったTAM500もジャンク扱いだったので、店員さんに許可を得て店内で音出し確認。トリガー信号の受けが少しだけ甘い状態でしたが、まだまだ見事に動く個体でした。

Hardoff_tam500_2
※ 店内でTAM500をチェック中の図

全てのオシレーターからきちんと音が出たという事で即座にTAM500を購入。
当初の計画では北上尾店の他にもう4店舗を巡る予定でしたが、こんなにも素晴らしい『運命の出会い』に遭遇できたという事で心は満たされました。他の店舗を巡ること無く速攻で我が家に持ち帰りました。
・・・というかこんなに重いものを持ったままいろいろな店舗を巡るなど無理です。この日出会ったTAM500はタムのようなドラムパッド×4枚とバスドラ用のキックドラムパッド×1枚というフルセット・・・・。
ちょっと参考までに画像を拾ってきましたよ。

Tama_tam500fullset

ここからシンバルとハイハットとスタンドを除いた状態で売られていたんです。
自分はいつもハードオフを攻める際には2U程度のラックエフェクターが入る位の大きなバックパックを背負っていきます。このTAM500音源ユニット部分も持参したエアキャップに包んでそのバックパックに入れましたが、それでもう他には何も入らない状態。つまりキック部分を含めたパッドは手に持って帰らなければならないという事です。どう考えても無理です。TAM500に出会ったのは北上尾店の2階でしたが、1階にあるレジまで持っていくにも3度に分けて運んだほどのブツです。明らかに無理です。

本当は欲を言えばフルセットで持ち帰りたかったのですが、しかたなくフルは諦めました。
店員さんに事情を話し、何枚かパッドを置いていきたいと申し出た所、快く承諾してくれました。そんなワケで一番重くてデカいキックパッドとタムパッド2枚とは泣く泣くサヨナラをしてきました。まぁ、自分はドラムパッドを叩いてTAM500の音を出すというスタイルではまず使わないので必要無いと言えば必要無いのですが、やっぱりキックのパッドなんてエレドラの顔ですからね(←まだちょっと悔しく思ってる)。

あ、ちなみにこの日、北上尾店ではCASIOのMT-11もいただいてきましたよ。

Casio_mt11

コイツはCASIOテクノロジーがPCM音源に移行する以前のプロダクトです。
複雑な事は全く出来ないながらも、アナログならではの暖かい擬似オルガンサウンドの発音できるマシンです。近いうちにコイツを使った動画も作ってみたいと思っております。

・・・で、そんなこんなでウチに連れて帰って来たのがコレ。TAM500音源ユニットとパッド2枚です。

Tam500set

画像を見ながら機能の説明をしていきましょう。
まず基本的な点ですが、コイツは音源ユニットのみでは音が出ません。外部からのトリガー信号を受ける事でオシレーターから発音されるというしくみです。

Tam500_rear01

上の画像はユニットの背面です。PAD TRIGGER INと書かれた5つの端子が各オシレーターごとのトリガー信号入力部分になります。オシレーターはsnare、TOM1、TOM2、TOM3、bassの5つ。

Tam500_front3_2

音声のアウトは5つの音をパラアウトさせるEACH OUT端子×5とそれらがミックスして出力されるMIX OUT端子が1つ。そして天面にはヘッドホンアウト端子がついています。
1つのオシレーターにつき、Attack、Decay、Noise、Bend、Tune、Tone/Noiseという6つのパラメーターを持っていて、それらを天面に付いたつまみで個別に調整してドラム音色を作っていきます。

Tam500_front4_2

このTRIGGER INですが、電気的なトリガー信号だけでなく、音声を入力してやってもオシレーターが反応します。ですので例えばRoland社のTR-707、808、909などのパラ音声アウトをTAM500のTRIGGER INに入れてやっても楽しめるんです。このやり方の場合、その元になっているドラムマシンのノリ(グルーヴ)でTAM500を鳴らせるという楽しさも生まれます。

我が家にもパラアウトのできるドラムマシンはいくつかありますが、今回youtubeに上げた動画ではそれらは使わずにTR-606のトリガーアウト信号を使いました。それは何故か。TR-606はシーケンスを走らせたままパターンの変更や書き換えが容易に出来るからです。606ユーザーには言わずもがなですが、この柔軟性は他のマシンではなかなか出来ない606の魅力です。
そんなわけで作ったのがこんなセッティングでした。

Tam500setting

配線図はこんな感じ。

Tam500settingseet

SBX-80をマスターにしてTR-606を2台とTR-727を同期させています。2台の606が持つ計4つのトリガーアウトと727のトリガーアウト1つでTAM500の5つのオシレーターの発音タイミングをコントロールしようというものです。また、1台の606は音声アウトもミキサーに引っ張っており、ハイハットなどの音色を足せるようにしました。

このセッティングで音を出してみたところ、まあ楽しい事楽しい事。時間を忘れてずーっといじってられます。
そんな様子を動画にまとめました。

これです!こういう事がやりたかったんです!
まだまだ音をいじるときに「えっと、音のピッチ(高低)を変えるのは・・・・・ここだね」と少し考えてしまう程度の状態なので、もっと感覚的にいじれるようにならないと駄目だと感じています。頭で考えてつまみを動かすのでは無く、指が操作感覚を覚えてしまうのが理想的だと思っています。

最後に、このエレドラのウンチクをば。
このマシンには『TECHSTAR』という冠がついています。当時のTAMAはドラムセットのグレードごとにARTSTAR、SUPERSTAR、IMPERIALSTAR、ROYALSTAR、SWINGSTAR等のように『○○STAR』というクラス別の名称を付けていました。そしてその中で電子ドラムに施された冠がTECH-STARだったというわけです。
当時のカタログを見ると、TECHSTAR以外(いわゆる普通のドラムセット)は1つのカタログにまとめて載っているのですが、TECHSTARだけは独立してカタログが作られています。当時はやはりキワモノというか、生ドラムとは別の扱いだったんだと分かります。
TECHSTAR TAM500のカタログがTAMAのオフィシャルサイトにありましたのでURLを貼っておきます。

■TAMA TECHSTAR TAM500カタログ
http://www.tamadrum.co.jp/anniversary/expansion.php?cat_id=158&now=2

カタログのアーカイブトップペ-ジURLはコチラになります。
http://www.tamadrum.co.jp/anniversary/index.html

実はこのTAM500を入手した4月末時点でサイトにカタログを探しに行ったのですがTECHSTARシリーズのカタログだけアーカイブに置かれていなかったのです。残念だと思いつつ、今回このエントリーをまとめるにあたり、改めてTECHSTARのカタログを探したところTAMAの英語サイトのほうにはしっかりとTECHSTARシリーズのカタログも置いてありました。TAMAさんありがとうございます。
でも何故日本語ページの方にはTECHSTARカタログが無いのでしょうかね?

そして先ほどこのカタログを見ていて大きな発見をしました。TAM500の右に目を移していくと・・・・なんとっ!DRUM SEQUENCER TSQ-1000の文字。なんだよ、専用シーケンサーなんてあったのか!!6チャンネル、16ステップのシーケンサーのようですね。
早速TSQ-1000で検索してみました。おお、youtubeに動画があるじゃないですか。コレは欲しい!(でもまずこんなの出て来ないよなぁ)

■Tama Techstar TSQ triggering Wurlitzer Swinging Rhythm
http://www.youtube.com/watch?v=B-EaHH28UgQ

そしてさすがの機材ディグサイト、MATRIXSYNTHさんにも情報がありました。

■MATRIXSYNTH Tama TECHSTAR TSQ-1000 analog trigger sequencer
http://m.matrixsynth.com/2011/06/tama-techstar-tsq-1000-analog-trigger.html

なんと!コイツDIN SYNC端子持ってるぞ!それもイン/アウトを切り替えできるタイプ。当時は何とSYNCさせようと組み込んだ機能だったんでしょうかね?今の感覚で捉えるならばコイツとTB-303とTAM500を同期させるともうそれだけでご飯何杯でもといった感じになりそうですよね。いや、欲しいわー(笑)。
でもまぁ先ほども書きましたがこんなのまず市場に出てこないです。ためしにeBayでも調べてみましたがヒットしませんでした。
もしこういったトリガーパルスの吐けるシーケーンサーが欲しいなら、現実的にはコッチですかね。アナログソリューションズのエウロパです。

■Analogue Solutions  Europa
http://www.analoguesolutions.org.uk/concussor/europa.htm

Europafront

7chのトリガーアウト付きシーケンサーです。TR-606のような入力方式にも好感が持てます。そしてもちろんシーケンスを走らせたままパターンの書き換えも可能です。これがあったらかなりスマートに音出しができますねぇ。欲しいものリストがどんどん厚くなっていくわ。

さてもうひとつ、気付いた事がありました。
TAM500のシリアルナンバーが書かれたステッカー部分を見ていた際に『NISSIHN ONPA』と書かれているのに気付きました。

Tam500_serial

あれ?NISSIHN ONPAって日伸音波?ってエフェクターなんかを販売しているMAXONの会社じゃないですか。って事はTAM500は日伸音波が作っていたのでしょうかね?考えてみれば生ドラムの製作販売を中心に行っていたTAMAにこういった電子機器を作るノウハウがあったかと言えば・・・・多分無かったんじゃないかなぁ?TAMA関係者の方、もし間違っていたら失礼な物言いお許しください。でも日伸音波のOEM製品だったと考えた方がしっくりきますよね。


というわけで以上、TAM500との素晴らしい出会いについてでした。
今回youtubeに上げた動画ではTAM500の音色とその変化を分かりやすくするため、シンセなどの音源は加えていませんが、きちんと同期させてシンセ音もまぜたトラックを作ってみようと考えています。
 
 

|

« Ani-Zoo with caknobs (生ベース+機材セッションの巻) | トップページ

Machines 使用機材」カテゴリの記事

コメント

うわ、これすごい良いやつじゃないですか!YouTubeで何度か見た事あります。101、202、606、x0xb0xを数珠繋ぎにした何とも羨ましい動画の中でこのモジュールが同期して一緒に鳴ってるの見て「norddrumのアナログ版だ、すげえ」と感動した覚えがあります。そしてまたカシオトーンゲットおめでとうございます。システムに加えた動画が

投稿: Ukiyophoniks | 2013/05/10 10:52

すいません、途中で送信してしまいました(笑

システムに加えた動画楽しみにしてます!

投稿: Ukiyophoniks | 2013/05/10 10:53

コメントありがとうございます。
そうですよー「すごい良いやつ」ですよ!少なくとも俺にとっては(笑
ドラム音源としてだけでなくピューンとスペイシーな感じのSEとしても使えるので、アイデア次第でだいぶ幅広く遊べそうです。
カシオトーンのほうは一切同期が出来ないのでどうやって使ってやろうか思案中です。サンプリングしちゃってもよいのですが、せっかくならこのおもちゃみたいな見た目を生かして使いたいなーなどと妄想しております。

投稿: Caknobs | 2013/05/11 11:47

Hi there my colleagues, how is everything? Here it is truly good YouTube videos collection. i enjoyed a lot. OaklEy Big TacO SunglaSSES http://www.undp.org.ph/jobs/Oakley-Big-Taco.php

投稿: OaklEy Big TacO SunglaSSES | 2013/06/07 18:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1408011/51550625

この記事へのトラックバック一覧です: 機材を入手したオハナシ TAMA TECHSTAR TAM500:

« Ani-Zoo with caknobs (生ベース+機材セッションの巻) | トップページ