« TOA MODEL DE-1000 (3chデジタルディレイ) | トップページ | Ani-Zoo with caknobs (生ベース+機材セッションの巻) »

2013/04/19

動画編集の環境について (質問へのご返答)

先日、コメント欄にこんな質問をいただきました。
返答を書いているうちにどんどん文字量が多くなってしまったので、コメント欄への返信ではなく新しいエントリーとしてこちらにまとめさせていただきました。

『ポポ』さんからいただいた質問はこんなものでした。

-----------------------------------------------------------

投稿: ポポ
いつも楽しく動画拝見しています。
もう何年も前から見てますよ。
今日初めてコメントします。
ボクも機材オタクで宅録してます。
質問がありコメントしました。
ボクもユ-チューブに投稿したいのですが
どんな動画編集ソフトやカメラを使えばいいのか?
そっちの機材のことがまったくわからないです。
いつもいい感じで撮影や編集をされているのを見てどんな機材使うのか、アドバイスなどあったら教えてください。

-----------------------------------------------------------

嬉しいです!以前から見ていただいているだけでなく、コメントまでいただけるとは。
ポポさんありがとうございます、感謝!


そんなわけで今回のエントリーは音楽機材ではなく、自身の動画編集のやり方について書いていこうと思います。
長文になってしまうと思いますがお許しください。ではご質問の件にお答えしていこうと思います。

まずはカメラについて。

例えばご質問のコメントいただいたエントリー内の、TOA DE-1000の動画( http://www.youtube.com/watch?v=02WwfFN6bss )では部屋の中に2本の三脚を立てて、別アングルから同時に2台のカメラを回しています。
1台はCanonのデジカム、FS21というものです。FS21は2009年発売の商品のため現在では画質もさほど良くないデジカムなのですが、現行機種ではほとんど見られなくなってしまったアナログのマイク入力端子(ステレオミニプラグ)が付いているのと、48倍という高倍率の光学ズームが付いているという点が気に入って使っています。家庭用の安価なビデオカメラなのにこのくらいのズームができてしまうんです。動画の22秒辺りで最大ズームしています。
参考:以前撮影した月→ https://vimeo.com/33468138
もう1台はRICOHのデジカメ、CX3というものです。
比較的安価で取り扱いが楽な上、選択肢が多いという点ではデジカムよりもデジカメの動画撮影モードを利用するほうが適しているのではと思います。少し値段が上がりますが、できるだけ綺麗な画質で撮りたいという場合はデジタル一眼レフカメラ(いわゆるデジイチ)も候補になると思います。ちょっと検索してきましたが、こんなサイトが参考になるかもしれません。


注意点を2つ程。
・編集の際、撮影した動画の元データをカメラからPCに移す必要があるので『メモリカードからデータ抜き出しできる』or『USB経由でデータの吸出しができる』カメラである事。※デジカメは基本的に画像をPCで見たり加工したりするものなので抜き出し、吸い出しは通常できるものと思いますが、お使いのPCのOSによっては対応できないものがあるかもしれませんので確認した方が良いと思います。
・概して、できるだけ最近発売された機種の方がベター。デジタルカメラって2年位発売時期が違うと画質や機能や処理能力などが格段にアップしているので最近のものの方が間違いが無いです。

カメラについてはこんなところでしょうか?

続いて編集についてです。動画編集ソフトについては様々な種類がありますのであくまで次に挙げるのは一例としてお考えください。
動画編集に際しては2つのソフトを使っています。1つは音を録音するためのソフト。もう1つは動画編集ソフトです。
録音に使っているのはSonyのACID Music Studioというもの。コレです↓

Mscstudio_ss_0

自分は15年ほど前からこのACIDというソフトを使っていて操作方法に慣れているのでコレを愛用していますが、探せばフリーの録音ソフトでも使えるものがあると思います(ただし録音した音声データをWAV形式で書き出しできるものが好ましい)。
ですので自分の場合、動画の素材を撮る際には2台のカメラをREC状態にして、ミキサーからの音声アウトはPCで録音しつつ機材いじりをする感じです。
それらの素材がうまい具合いに録画・録音できたら編集作業に入ります。動画編集ソフトにはVegas Movie Studio HD platinum 11というものを使っています。このソフトは操作方法にACID Music Studioと共通している部分が多いので、自分にとっては作業が楽なんです。

Movstudio_ss_01


ですので順を追って手順を書いてみると・・・・

 

1、機材のセッティングを作る 
2、三脚を立ててカメラの位置やアングルを決める
3、PCでの音声録音と2台のカメラのREC開始
4、思い通りのRECができたらまずは音声をWAV形式で書き出し(レンダリング)
5、次にそれぞれのカメラから動画データをPCに取り込む
6、取り込んだ音声データ、動画データ1、動画データ2をVegas Movie Studioに貼り付ける
7、それらのデータを編集しつつ、必要であればテロップや静止画などを加えていく

といった流れになります。

いつも「難しいな」と感じるのは編集が完了してVegas Movie Studioから実際の動画ファイルに書き出す(レンダリングする)点です。知識が無い方だと特にここでつまづいてしまうと思います。自分も何度も失敗を繰り返しています(笑。
音声出力のビットレートや周波数はどうする?フレームレートは?ピクセルサイズ(縦横比)は?mpg形式で書き出す?それともmp4形式にする?など、適切に選択してやらなければならない項目が多いんです。アップロード先となる動画サイトによっても受け付けてくれない形式があったり、1ファイルあたりのアップロード上限があったりなど条件が変わってくるため、それに合わせたレンダリングが必要になります。

Movstudio_ss_02

※Movie Studio レンダリング設定ウインドウ

この辺は何度も失敗しつつ覚えていくという過程が必要になってくるでしょうかね。なお、このレンダリングはPCのスペックが低いととても時間がかかってしまったり、書き出し自体ができないなんて事もあるのであまりにスペックの低いマシンだとキツイかもしれません。また、録画・録音した元データの取り込みや書き出しファイルの保存場所も必要となるためハードディスクには空き容量がたくさんあるほうが望ましいです。
ちなみにyoutubeですと通常、ファイルサイズ2G、再生時間15分以内のものであれば受け付けてくれます(2013年4月現在)。他の無料動画アップロードサイトに比べて上限が高いので、綺麗な動画(圧縮率の低いもの)を比較的簡単にアップする事ができます。改めて確認したところ、youtubeにアップしたDE-1000のムービーはサイズ1.1G、再生時間8分10秒というファイルでした。


と、こんな風に長々と書いてきましたが、もし音質にはこだわらない(ライン録音でなくても良い)し、テロップなんかもいらないというのであれば、一番手っ取り早いのはi-phoneなどで録画した動画をそのままアップロードする方法だと思います。
説明が不十分で上手く説明のできていない部分もあるかと思います。もし不明な部分などありましたらまたコメントをいただけると幸いです。あくまで"自分のやり方"になってしまいますが、わかる範囲でお答えいたします。

ポポさん、コメントをありがとうございました。何かしら参考になれば幸いです。

|

« TOA MODEL DE-1000 (3chデジタルディレイ) | トップページ | Ani-Zoo with caknobs (生ベース+機材セッションの巻) »

Machines 使用機材」カテゴリの記事

コメント

Caknobsさんから、こんな親切なご回答が頂けて、かなりテンションあがりました。ありがとうございます。
答えを聞くと言う失礼なコメントにもかかわらず、とてもありがたい濃い内容です。参考にさせて頂きます。
数年前、ぼくも大好きなTR707をユーチューブで検索して海外の投稿を楽しんでる中でCaknobsさんの投稿を見つけて以来、たくさん拝見させて頂いてます。ボクも同じものを複数所有しており、あのCaknobsさんのスタジオの映像はとてもいい感じで、夢を与えてくれます!!!ボクらのディズニーランドですね!!
機材を紹介されてる姿を見てるとこの人本当に好きなんだな(笑)とにやけてしまいます。
日本でもこんなに機材を愛して楽しんでいる方がいるんだなと
憧れています。ボクもここ数年でPROTOOLSを導入しプラグインで音的にはまかなえてしまいますが、あの機材をいじる感じや
見た目にはプラグインにはない喜びがあります。
これからも、また楽しくクオリテイの高い投稿やブログ楽しみにしてます。
本当に動画投稿されている音と編集はクオリティ高いと思います。もっといろんな方に見てほしいです。
ありがとうございました。

投稿: POPO | 2013/04/21 09:21

POPOさん>
丁寧なレスポンスをありがとうございます!
TR-707は素晴らしいですよねぇ。MIDIもDINシンクもトリガーアウトも備えているスペシャルなマシンだと思っています。
機材好きな輩の"ニヤケポイント"も共有していただけているようで嬉しい限りです。つまみ万歳!(笑
本文にも書きましたが、もし不明な点があればお気軽に質問してくださいね。こういったやりとりをするのがこのブログを立ち上げた目的のひとつですので。
もしPOPOさんの環境での動画などアップされるのであれば、是非教えてくださいね。
返答ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

投稿: Caknobs | 2013/04/27 00:21

お久素ぶりです、以前動画編集の件でお世話になりました、ポポですが覚えていらっしゃるでしょうか?あの日以来、ちびちびと音楽活動を続けて、ようやく1本動画ができましたので、お知らせしたくて、コメントしました。今回のやつは”出れんのサマソニ”というコンテストの応募用に作ったやつなので、リアルタイムに機材をいじる映像ではありませんが、教えて頂いたことを参考に作りました。よかったらYOUTUBEなので見てくださいね。https://www.youtube.com/watch?v=CFVInDdhCwk
最近は新しい記事を更新されていないようですが、お休み中ですか?

投稿: ポポ | 2014/06/02 23:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1408011/51288089

この記事へのトラックバック一覧です: 動画編集の環境について (質問へのご返答):

« TOA MODEL DE-1000 (3chデジタルディレイ) | トップページ | Ani-Zoo with caknobs (生ベース+機材セッションの巻) »