« AIR BOURYOKU CLUB with caknobs (Performance at Umejima Adachi Ward) | トップページ | 動画編集の環境について (質問へのご返答) »

2013/03/27

TOA MODEL DE-1000 (3chデジタルディレイ)

今回は1986年に発売された(と思しき)TOA社の3chデジタルディレイ『MODEL DE-1000』について。(マシンの説明はエントリー後半からです)

2013年3月初旬に久しぶりにハードオフ巡礼ウォークラリー(総歩行距離約20km)に出かけた際にこのマシンに出会う事が出来、見事に我が家で稼動中ですというオハナシです。間違いの無いように言っておきますがオフィシャルでそんなウォークイベントが行われているわけではなく、俺が自身の機材探しの旅に勝手にそう名付けているだけです。長距離散歩とハードオフはどちらも俺が愛するもので、言ってみれば"プロ野球観戦とビール"だったり"電車の旅と駅弁"という組み合わせのように楽しい事がダブルで重なっている、それはそれは至福の時間なのです。そんなのどうでもいいですね。
※なお、社名のTOAとは、昭和9年(1934年)創業の旧社名『東亞特殊電機株式会社』にちなんだ名前との事です。

youtubeにはこのTOA MODEL DE-1000を使って作った動画をアップしました。
セッティングはこんな感じ。ディレイ音を確認するという狙いですのでとてもシンプルに構成しました。

De1000_setting01



De1000_setting02


[使用機材 / Machones]

TOA MODEL DE-1000 (3chDelay)
Roland RX-82 (8chMixer)
Roland SH-101 (Analog synthesizer)
SCI drumtraks (PCM Drummachine)

どんなディレイのかかるマシンなのか興味のある方は以下のURLからドウゾ!

さて、それではこのマシンを入手したいきさつから。

その日は埼玉県草加市の谷塚(やつか)という辺りからウォークラリーを開始して草加市や川口市を歩き回って計3つのハードオフ店舗を巡りました。

埼玉県にはハードオフが多くあり、これまでにも鴻巣、桶川、上尾、大宮、指扇、浦和、新座、川口などのエリアにある店舗を訪ねた事がありますが、草加市を攻めるのは初めてでした。

De_yatuka

なおこの谷塚というのは東京都の最北端にあたる足立区の竹ノ塚の更に北、埼玉県の南端に位置しています。東武伊勢崎線で言うと北千住から北に5つ目に竹ノ塚駅があり、その次の駅が谷塚駅になります。

まず最初に伺ったのは谷塚駅に近い『ハードオフ草加瀬崎店』。

De_ho_sezaki



De_ho_sezaki2

しかし残念ながらワクワクするようなものが(個人的には)無く、315円のギターストラップのみを購入して退店。 初めて歩く町の様子を楽しみながら6~7kmほど離れた次の目的地『ハードオフ草加西店』を目指しました。

De_to_souka

かなり陽も傾いて、辺りが暗くなる寸前で目的地到着。

De_to_souka2

このハードオフ草加西店は以前攻めた際にSONYの6chミキサーMX-7と出会った事もある相性の良い場所。
そんな理由もあってかなり期待に胸を膨らませての入店となりました。

De_ho_soukanishi

さあ素敵な出会いはドコですか?と店内をいろいろと物色して回りましたが・・・・・残念!

ここでも気持ちが高揚するようなブツには出会えませんでした。4段階に伸縮できる大き目のカメラ三脚が安かったのでそれを購入して退店。うーん、敗色濃厚。

よく友人達との間で言う、「ハードオフには期待値を上げて行ってはダメだ」という言葉を深くかみ締めました。何か見つけるぞ~って意気込んで訪問すると肩透かしを食らう事が多いんですよね。何気なく軽ーい気持ちで行った時に限ってポロっと念願のマシンが転がっているという・・・・ああいうの、何の法則ってんでスカね?

ま、とにかくそんな徒労感に支配されたままこの日の最終目的地『ハードオフ川口上青木店』を目指しました。こちらも道のりでだいたい6~7km離れています。普通は歩いて移動するような距離じゃありませんので同じルートを攻めてみようという方はご注意ですよ。

閉店まで残り1時間を切ったくらいのタイミングで川口上青木店に到着。急いで店内をチェックしなきゃと店内に入るとコレがびっくり。

De_ho_kawaguti_3

2年程前に訪問した際よりも楽器やAV機器といった音系ギアの扱いがとても豊富だったんです。
店内にはチェックすべき棚が沢山。70年代、80年代の製品もそこそこあって、ニヤニヤしながら店内を回っていると目に飛び込んできたのが今回購入に至ったTOA社のMODEL DE-1000でした。ジャンクコーナーにあった物だったため一通り音出しをさせてもらい、問題なくディレイのかかることを確認してからいただいて来ました。

で、コレが我が家に持ってきたDE-1000です。
盤面の文字も読めるようにでかい画像を貼っておきますね。

De1000_all2

※画像クリックで拡大

我が家にはこのマシンの兄弟機で、同じくTOAの3chディレイMODEL 310Dというものもあるのですが、面構えがとても似ているので重ねて積んでみたりしてウフフなんつってニヤケながらウットリつまみをいじるなんて事もしてみました。

De1000_rac1

上の画像はメインのラックエフェクター群ですが、上から3番目がDE-1000で4番目が310Dになります。外観だけで言えば310Dの配色の方が80'sっぽくて好きだなぁ(笑)。

De1000_rac2

後日、いろいろと調べたところ、DE-1000の発売が1986年で310Dの発売が1988年となっていました。ラックのデジタルディレイ真っ盛りといった時代の1品だったんですね。ちなみにTOAさんのサイトにはどちらの仕様書もPDFでアップされていました。ありがたいありがたい。

■MODEL DE-1000仕様書

MODEL 310D
仕様書

マニュアル

見比べたところDE-1000と310Dの違いは主に以下の点でした。

・310DにはMIDIが付いている
 (なんとMIDIスルーまで付いてます。310D複数台でデイジーチェーンだ笑)
 本体にメモリした最大32個のディレイタイムセッティングをプログラムチェンジ
 のメッセージで変更できる
 エフェクトのオン/オフ制御

・最大ディレイタイムが異なる
 DE-1000の最大ディレイタイムは255ms
 310Dの最大ディレイタイムは999ms

・本体にメモリできるディレイタイムセッティング数の違い
 DE-1000の最大メモリは4個
 310Dの最大メモリは32個

・ディレイ音(エフェクトされた音)の歪み率が異なる
 DE-1000の原音に対する歪み率は0.2%以下
 310Dの原音に対する歪み率は0.3%以下
 DE-1000のほうが原音に忠実なディレイ音という事
 (ただしあくまで理論上であって聴感上それが感じられるかはまた別)

ざっとこんなところです。さすが310Dのほうが後継機種だなという感じでしょうか。
スペックだけを見るとDE-1000はフランジャーやショートディレイマシンとして使い、310Dをロングディレイに使ってやるのがよさそうです。
音色に関して言うと、あくまで主観になりますがどちらも『バリバリのデジタルです!』といった音の雰囲気です。ハイが硬く、一般的にディレイで良しとされるまろやかさとかぬくもりといった要素はまるでナシです。フィードバックの値を上げて長ーくディレイを繰り返してもアナログディレイのように音がこもっていくのではなく、徐々に低音が削がれてハイ帯域のシャキシャキした感じが強くなっていく特性を持っています。ただそれだけにアナログディレイやスプリングリバーブと一緒に使うと音が埋もれないのでこれはこれでアリだと自分は思っています。

また、TOAという音響機器メーカーのデザイン(設計思想)だけあって、同時期に市場にあったどの楽器メーカーのディレイとも異なったサウンドキャラクターです。

※例えばRolandのSDEシリーズ(80年代前期に製造)やKORGのSDDシリーズ(80年代中期に製造)やVESTAXのDIGシリーズ(80年代中期~後期に製造)とは明らかに音の質感が異なります。

フィードバックやモジュレーションの調整は一般的な回すタイプのつまみではなく、スライダー(フェ-ダー)で行う点もユニークですね。フィードバック(本体にはREGENと記載)の発信するあたりのポイントがとてもせまいので(つまりとってもピーキー)この縦フェーダーでうまく気持ちの良いフィードバックポイントに調整するには慣れが必要です。


De1000_fader


興味深いのはどちらのディレイもCVの入出力端子を備えている点です。このディレイにはもともとモジュレーションが付いていますが、そのモジュレーションLFO(周期)を外部機器からの電圧でコントロールできるんです。アナログシンセの出音にかかっているLFOと同期させてディレイ音をうねらせるってのも面白いかもしれないですね。

今回こうやって楽器メーカーのものではない80年代のディレイをいじってとても興味を持ちました。例えばRAMSA(パナソニックの業務用音響機器部門)やREXERやVictorなんかの音響機器メーカーから出されていたラックディレイなんかもいじってみたいと思いました。

以上、TOAのMODEL DE-1000についてのエントリーでした。

|

« AIR BOURYOKU CLUB with caknobs (Performance at Umejima Adachi Ward) | トップページ | 動画編集の環境について (質問へのご返答) »

Machines 使用機材」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく動画拝見しています。
もう何年も前から見てますよ。
今日初めてコメントします。
ボクも機材オタクで宅録してます。
質問がありコメントしました。
ボクもユ-チューブに投稿したいのですが
どんな動画編集ソフトやカメラを使えばいいのか?
そっちの機材のことがまったくわからないです。
いつもいい感じで撮影や編集をされているのを見てどんな機材使うのか、アドバイスなどあったら教えてください。

投稿: ポポ | 2013/04/17 11:53

はじめまして。ご質問いただきありがとうございます!
自分と似た嗜好を持っている方からコメントを頂けて嬉しいです。
早速ご質問に返信しようとテキストを書いていたのですが、どんどん文章が長くなってしまったため、新たにエントリーを作ってそちらで返答致しました。是非ご確認ください。
http://caknobs.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-7890.html
重ねて質問などあればまたお気軽にコメントしてください。コンタクトありがとうございました!

投稿: Caknobs | 2013/04/19 01:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1408011/50891092

この記事へのトラックバック一覧です: TOA MODEL DE-1000 (3chデジタルディレイ):

« AIR BOURYOKU CLUB with caknobs (Performance at Umejima Adachi Ward) | トップページ | 動画編集の環境について (質問へのご返答) »