« [Live] Hardware live at Setagaya "Orblight Cafe" | トップページ | [SET] TR-606x2 SH-101 ED-10 EMT-10 REVO's jam »

2011/07/29

[Machines] COCKPIT

今回のクリップを作るにあたって思い描いていたのは「とにかく多くの機材が一斉に動いている様を残したい」というものでした。自分がセッティングを作る際にはスペースシップのコクピットをよくイメージするという事は以前にも書いた事がありますが、その視点から言うと今回はかなり大き目のコクピットを構築したいなと妄想してしまったわけです。(笑)

クリップのURLは以下になります。

http://www.youtube.com/watch?v=cvSp_MGdwqE&feature=channel_video_title

セッティングの全体像はこんな感じ。


Kr55b_masterset_2


アウトオブスペース2万光年の旅ですよ。『さあ、一緒にフライトしようよ、パイロットはボクだクルーはキミだ』という感じですね。コマンダーはサン・ラ辺りにお願いしたいところです。

参考資料 sun ra
Sunra_2
土星からやってきた伝道師(自称)


今回のセットはこれまでにこのブログに記録してきたものの中では使用した機材数一番が多く、ややこしい接続になっています。シンクロナイザーを2台使用しているのもややこしさを増幅させています。泥酔してしまうと信号の流れが把握できなくなってしまうパターンです(笑)。そんな時に役立つのがセッティングシート(設計図)。今回のセッティングシートは記載した機材数が多く、貼り付け画像では細部がつぶれてしまっています。細かく流れを追いたい方は画像クリックで拡大の上ご参照ください。

Kr55b_masterset

使用したマシン達は以下の通り。

[使用機材 / Machines]
KORG RHYTHM55B(KR-55B) RhythmBox リズムボックス
KORG KMS-30 Syncronizer シンクロナイザー
Roland TR-606 Drummachine ドラムマシン
Roland TR-707 Drummachine ドラムマシン
Roland TR-727 Drummachine ドラムマシン
Roland SBX-80 SyncBox シンクボックス
YAMAHA EMT-1 FMsound Expander FM音源モジュール
YAMAHA ED-10 Analog DrumPad アナログドラムパッド
Technosaurus Cyclodon Analog Sequencer アナログシーケンサー
DOEPFER MS-404 Analogsynth アナログシンセ
FUTURERETRO REVOLUTION Analogsynth アナログシンセ
Boss RPQ-10 ParametricEQ パラメトリックイコライザー
Boss RCL-10 Complessor コンプレッサー
ALESIS NANOVERB Reverb リバーブ
AKAI mfc-42 AnalogFilter アナログフィルター

ここにいつものAUX SEND用エフェクター6台を加えたのが今回のセットになります。

では今回のセットでの信号の流れを確認します。

まずシステムマスターに使ったのはKORGのRhythm55B(KR-55B)というフルアナログ音源のリズムボックスです。ドラムマシンと異なり自分でオリジナルのリズムパターンを組む事はできません。プリセットされたリズムパターンをセレクトしていくマシンです。操作面上部には6つのボリュームつまみがあり、キック、スネア、ハットというように個別に音量の調整が出来ます。この部分はRoland社のTR-606ととても似た仕様になっています。


Kr55b_2


1982年発売のこのマシンにはMIDIはついていません。DIN Syncもありません。
そういったスペックだけを聞くとなんとも使えない印象を受けますが、KR-55Bにはコイツでしか出せないオリジナルのノリがあり、以前からセットに組み込みたいと考えていました。しかしながらこれまでウチの環境にはコイツを同期させてやれる仕組みが無く、単体で走らせたこのマシンに合わせて鍵盤楽器などを手引きする事が主でした。そんな状況を打開してくれたのがRolandのシンクボックスSBX-80でした。

KR-55BにはTRIGGER OUT端子が付いていますが、その信号によってSBX-80を同期させる事が出来るのです。


Kr55b_triggerout


この背面パネルにあるスライドスイッチで選択した任意のタイミングでTrigger信号をアウトさせることができます。今回のセットでは単純な四分音符( )を選択し、SBX-80のAUDIO INに送っています。


Sbx80


Sbx80_audioin


この接続方法によって、SBX-80はKR-55Bのテンポに同期して動いてくれます。KR-55BをマスターにしてMIDI2系統、DIN Sync2系統のアウト信号を得る事が出来るわけです。しかもKR-55Bのテンポを動かせば追従してSBX-80のテンポも変動します。つまりKR-55BによってMIDI機器のテンポコントロールが可能になるのです。ちょっと話はそれますが、2011年上半期に話題となったKORGの『Monotribe』にも同様のAUDIO IN端子があるので同じような同期が出来ますね。KR-55BとMonotribeのシンクというのは同じKORG同士のマシン接続だったり、アナログ音源のみで音が構成できるという点においてかなりアリな組み合わせなのではないかと思っています。
惜しむらくはSBX-80のAUDIO IN受けの精度がやや甘い事です。
クリップでも確認できてしまうのですが、マスターで走らせているKR-55Bとその他TR-707などの受け側の機器のテンポにズレが生じてしまうのです。今回はそうやってズレてしまった場合にはキリの良い小節で瞬間的にKR-55Bをストップさせ、即座にもう一度55Bのスタートボタンを叩いてやる事で強引に再度テンポの同期を取ってやるという力技で対応しました。自分はコレはこのセットの『味』だと捕らえていますが、このズレは絶対に許容できないという方も多いと思います。参考までに、クリップ中でこのテンポリセットを行っているのは、2'00"、4'14"の2箇所です。

このようにKR-55BとSBX-80を同期させましたが、今回のセッティングイメージは前述したように「とにかく多くの機材が一斉に動いている様を見る」というものだったので更にマシンを同期させるべく、SBX-80のDIN Sync OUTから更にKORGのシンクロナイザーKMS-30を同期させました。


Kms30


Kms30_cable


KMS-30もMIDI2系統、DIN Sync2系統のアウトを持っていますのでこれで計MIDI4系統、DIN Sync3系統のアウトが作れたわけです。なおKMS-30のDIN Sync outを使ってTR-727のシーケンスのみ倍速で走らせるように設定しました。(KR-55BのマスターテンポはBPM128でしたがTR-727だけはBPM256で走っています。)

さて、もう一度KR-55Bに話を戻します。
セッティングシートを見ていただくと分かりますが、KR-55BはTRIGGER OUT端子の他にラインアウト(音声アウト)出力も使用しています。KR-55Bはラインアウト出力をHiとLoの2系統持っています。そこで今回、一方は音声出力としてミキサーに引っ張り、もう一方はYAMAHA ED-10というアナログドラムパッドに送っています。


Kr55b_lineout


これはED-10は外部からの音声信号やTRIGGERパルスによって音を鳴らすことが出来るためです。今回の場合、KR-55Bのテンポに合わせてED-10が鳴るという仕組みです。


Ed10


クリップの0'15"でKR-55Bを叩いてシーケンスをスタートさせていますが、このとき聴こえてくるキック音はKR-55Bのものではなく、ED-10で作ったダンストラック風のキック音色です。(KR-55Bのキック音はもっとポコポコした音で、強いて言えばTR-606のキックに近い音色です。)ED-10の音源部分≒アナログシンセなので、シーケンスを走らせたまま音色変更が可能です。クリップ中でもピッチやディケイ(長さ)をいじって遊んでいるのが確認できると思います。

そして今回は以前のエントリーでCV/GATEのIN OUTの変更を行ったDOEPFER MS-404をTechnosaurusのCyclodonでコントロールしてやりました。


Cyclodon_ms404


これまでウチのMS-404はMIDIでしか制御してやった事がありませんでした。でもせっかくCV/GATE受けが出来るようになったのだからという事でサイクロドン(アナログシーケンサー)からCV/GATEでコントロールしてやりました。MIDIで制御した場合、どうしても出てくる音は12音階を基調にしたメロディーになってしまいますがアナログシーケンサーで音程を制御しているためあいまいな音程を作る事が出来ています。これはどちらの制御方法が良いかという事ではなく、欲しい音や狙ったイメージに合わせて制御方法を選んでやるのがベターだと感じました。

そして今回、音声の最終アウトにはAKAIのフィルターmfc-42をセットしました。録画を終えてから聴き返してみるといまひとつmfcの魅力が発揮できていないように感じました。このフィルターはレゾナンスを上げてやると自己発振しその波形も選択することが出来る、ある意味シンセサイザー的にも使えるマシンです。もっと気持ちよい音が作れるマシンなので、次にセットに加えるときにはもっとうまく利用してやろうと思います。


Mfc42_2


今回はこのセッティングを使ってキック音のはっきりしたダンストラック的なものを作ってみましたが、同じセッティングを使ってもっとダビーでドローンなものを作りたいとも考えています。そういった空間を楽しむ音のほうが宇宙っぽいでしょ?(笑)


|

« [Live] Hardware live at Setagaya "Orblight Cafe" | トップページ | [SET] TR-606x2 SH-101 ED-10 EMT-10 REVO's jam »

Machines 使用機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1408011/41000122

この記事へのトラックバック一覧です: [Machines] COCKPIT:

« [Live] Hardware live at Setagaya "Orblight Cafe" | トップページ | [SET] TR-606x2 SH-101 ED-10 EMT-10 REVO's jam »